autoxe       不具合情報私たちの基本姿勢はじめにお読みください。
コンセプト 車種別商品情報 機能別商品情報 インプレッション サポート メンバース ENGLISH

Turbo Suction Kit

流路拡大と変形を抑制。DISIターボのレスポンス向上へ。

自然吸気エンジンに比較して、長く複雑な吸気経路を持つターボエンジン車にとって、パイピングの抵抗低減は極めて有効なチューニング手段。ハイパワーに隠れて見逃しがちなポイントではあるが、徹底的に圧力損失を抑制したい。
DISIターボエンジン車の場合、ボトルネックは主にインタークーラーの出口直後の鋳造アウトレットパイプ近辺に集中している。量産車のアウトレットパイプが生産性と周辺パーツとのクリアランスを優先させた設計であるのは致し方ないが、結果的に流路面積を大きく絞られ圧力損失を誘発(後述のイラストを見ていただくと一目瞭然)。加えて同位置にマウントされるゴム製ジョイントパイプについても高ブースト時の圧力により膨張変形し、アクセルレスポンスを悪化させてしまっているのだ。

で私たちはどうしたか?具体的には、先ず鋳造製アウトレットパイプの形状を根本的に見直した。インタークーラーとインテークマニホールドに挟まれた僅かな空間内で流路面積を確保するため、流路を前面側に拡大したチャンバー形状に変更。インタークーラーとの結合方法を工夫することで最大限の有効体積を獲得している。また、高ブースト圧時におけるジョイントパイプの変形については、スロットルボディ前端ギリギリまで鋳造アウトレットパイプを延長することで基本剛性を確保。膨張の少ない4層ポリスターシリコン製ジョイントホースとのコンビネーションにより、徹底して圧力損失を低減。結果、アクセルを踏んだ瞬間からのレスポンスを向上。DISIターボエンジン本来のポテンシャルを引き出している。単品での装着で十分な効果を発揮するが、できれば、“圧力損失の徹底低減”という同じコンセプトを掲げたスポーツインタークーラーとの併用を推奨したい。インレットとアウトレット側のセット構成品。 

<製品特長>

インタークーラー出口からのエアーの流れ(概念図)


ターボサクションキット装着状態
赤く塗りつぶされている箇所を膨らませて、流路面積を確保。
量産品の形状
インテークマニホールドのレイアウトにより、インタークーラー出口直後の形状が潰れてしまう。


アルミ製ダイキャスト製法アウトレットパイプ
インテークマニホールドのレイアウトが優先された結果、流路を阻まれた形状となった量産車のアウトレットパイプ。
AutoExe製では、限られたスペースの中でインタークーラーの出口と同等の流路面積を確保するため前方方向へ形状を膨らませた。また、量産品に比べ、鋳造部の長さを延長することで高ブースト時の剛性確保に寄与する。メカニカルな赤結晶塗装による機能美も見逃せない。

インタークーラーとの接合方法
アウトレットパイプの形状変更により新たな障害となるインタークーラーとのフランジ締結ポイントについては、少々装着性を犠牲にして、ボトム部にヘックスレンチを挿入できるサービスホールを設定。装着後にテーパーネジプラグでホールを塞ぐことで解決している。

4層ポリスターシリコン製ジョイントホース
インレットとアウトレット側、2か所の結合ポイントに採用。フラットに整えられた内部構造により吸気抵抗を低減。シリコン素材とファイバー繊維を4層に重ね合わせることで強度を確保し、高ブースト時のホースの膨張を抑制。また、熱や経年変化による劣化も少なく、長期間安定した性能を維持する。

<商品適合表>