MPV(LY)/CX-7用
<MPV(ターボ車)装着状態>
<CX−7装着状態>

<MPV(NA車)装着状態>

<吸入空気流路図(MPV)>

<吸入空気流路図(CX−7)>

量産車の吸気レイアウトもエアガイドを設けることで空気を積極導入しているが、消音性能を優先させたダクトの内部構造は複雑であり、吸入抵抗となっている。
ラムエアインテークはエアガイドとフィルターボックスを一体化したカーボンインテークダクトを新設計することで、グリル開口部から導入する走行風を直接捉え、可能な限り ストレートにエアをフィルター部まで導く。抵抗の少ない円筒形フィルターとの相乗効果により充填効率を向上させ、全域パワーを獲得。
また、MPVについては、純正フロントグリル後方に位置するグリルインナーカバーの撤去することで、より積極的なフレッシュエアの確保を可能にしている。DISIターボ車とNA車用の2品番を同時設定。エンジンの仕様に合わせて細部に専用セッティングを施している。

<試聴用サウンドライブラリー CX−7・MPV(ターボ車)>

<試聴用サウンドライブラリー MPV(NA車)>

(再生装置の特長により必ずしも正確とは限りませんので、あくまでも音量・音質などの参考ということでお聴きください。)