MPV(LW)用
K&N製湿式コットンフィルターにより
吸入効率と集塵効果を改善

<吸入空気流路図>


発売以来「はっきりと効果が体感できる!」と大反響のラムエアインテークシステムには、MPVオーナーからも熱いラブコールが絶えなかった。もともと吸気スペースが限られているMPVだが、さらに条件を悪くしているのが、グリル開口部後方にあるバッテリー。フレッシュエア導入の妨げになっていたのである。そこで、どうしたか。私たちは、チャンバー形状の大型インテークダクトを採用し、フレッシュエアをダクト内で一時保管することにした。それによって飛躍的な充填効率の向上を実現したのだ。
また、空気取り入れ口をヘッドライト後方まで伸ばすことで、エンジンルーム内の熱気を遮断し吸気温度を最大約30℃低下させた。

<試聴用サウンドライブラリー(2.3L)>

(再生装置の特長により必ずしも正確とは限りませんので、あくまでも音量・音質などの参考ということでお聴きください。)