RX−7(FD3S)用
K&N製湿式コットンフィルターにより
吸入効率と集塵効果を改善

<吸入空気流路図>


5型以降の新型車は特によく考えられた設計のノーマルクリーナーボックスではあるがマフラー交換時など排気効率が良くなるとまだクリーナーボックス容量が不十分である。
ラムエアインテークシステムは大容量チャンバー形状のインテークダクトとすることで優れた吸気性能を発揮。また2本の吸気管の突き出し量を不等長とすることで吸気干渉を防止し、シーケンシャルツインターボのトルクの谷間も改善する。

本製品は遮熱効果を最大限発揮させるため、ダクトケースとボンネットのクリアランスが最小限となる様、設計されておりますが、車輌の個体差等によりダクトケースとボンネットが干渉する場合がございます。もし干渉が発生する場合は、付属のクッションテープを干渉箇所に貼付するか、ボンネットの高さ調整を行ってください。
<試聴用サウンドライブラリー>

(再生装置の特長により必ずしも正確とは限りませんので、あくまでも音量・音質などの参考ということでお聴きください。)