RX-8用

←前  フロントセクション

リアセクション     後→
RX−8(SE3P) 全4ピース構成(フロント1ピース、リア3ピース)
フロントはフロアとメンバーを広範囲に補強することによりフロアとの一体化を促進させ、リアはガソリンタンクが配置されるオープン構造部分を包むようにトライアングル形状のサポートバーを両側に連結させ、フロアトンネルのサポートと連結させている。タワーブレースと同様、2方向応力分散構造や面圧分散構造を採用し、応力分散に関しても抜かりは無い。 
重量11.0Kg