autoxe       不具合情報私たちの基本姿勢はじめにお読みください。
コンセプト 車種別商品情報 機能別商品情報 インプレッション サポート メンバース ENGLISH

Exhaust Manifold

排気流速を高め、トルクを向上させる完全等長レイアウト。

エンジンの仕事について確認しておこう。基本は、ガソリンが持っていた化学的エネルギーを熱エネルギーに変える工程と、そのエネルギーを機械的に取り出す作業。動力性能という面では、前段のプロセスが重要なのは言うまでもない。そして、それをつかさどるのが、一連の空気の流れである。だから、空気の入口と出口の設計では、流体力学が必要なのだ。で、本論だが、そういう意味では、実は、出口の方が設計は難しい。圧力も温度も高いし、当然だが流速も速い。だから、どうしても抵抗がかかる。その上、爆発タイミングによる脈動という難物もある。特にエンジンの直後に位置するエグゾーストマニホールドでは、これらの課題が集中して襲うのだ。だから、その効果的なチューニングが問われるという次第である。
私たちの基本設計は低中速からのトルクアップを狙った4-2-1(RX-8用は3-1)レイアウト。個々のエンジンの回転数やオーバーラップ特性を考慮し、集合部分までの距離を量産より長くすると共に等長化。さらには合流部の角度を狭めて高回転時に発生するブローダウン現象(排気逆流)を防止。また、1本部への結合部は放射形状とするなど排気流速を高め、エンジンの素性を伸ばす出力特性を獲得した。総削り出しフランジ、バックシールド製法TIG溶接など職人技を駆使したステンレスの機能美も魅力だ。

 

<製品特徴>


製品特徴1

製品特徴2

製品特徴3
排気流速を高める完全等長レイアウト 合流部の角度を狭めて高回転時に発生するブローダウン現象(排気逆流)を防止。上図の1、2の排気ガスが合流するポイント。 フランジとEXパイプの接合部は、マイクロリューターによる段付き修正が施されている。(画像は、エンジン取付部から撮影)

製品特徴4

製品特徴5

製品特徴6
SUS304 オールステンレスの総削り出しフランジ 職人によるバックシールド製法TIG(タングステンイナートガス)溶接部 ノーマルが、触媒一体式車用は、高効率メタルキャタライザーを標準装備。
・ロードスター(NC系/NB6・8-3000001~)に採用。


<車種別詳細>

※画像をクリックすると拡大画像が立ち上がります。

RX-8(SE3P)

ロードスター(NCEC-~299999)

ロードスター(NB8C-300001~)

ロードスター(NB6C-300001~)

ロードスター(NB8C-~299999)

ロードスター(NB6C-~299999)

ロードスター(NA8C)

ロードスター(NA6CE)

アテンザスポーツ/ワゴン(GG3S/GY3W)

ファミリアSワゴン(BJFW)
   

<商品適合表>

 

Front Pipe


RX-7(FD)用

ブースト特性を改善するφ54デュアルパイプ。

ターボチャージャーの特性に影響を及ぼす「フロントパイプ」。量産車のシングルパイプをФ54のデュアルパイプに変更することにより、排気ガスの流路面積を拡大し排気効率を向上させている。結果、ブーストの立ち上がりを改善し、低中速域からレブリミットまでパワー&トルク特性を改善。素材にはSUS304ステンレスを採用、マシニングセンターによる総削り出しフランジやハンドメイドによるTIG溶接など機能美をも追求している。

<商品適合表>