autoxe       不具合情報私たちの基本姿勢はじめにお読みください。
コンセプト 車種別商品情報 機能別商品情報 インプレッション サポート メンバース ENGLISH

Adjustable Stabilizer Link


↑写真はアクセラ・プレマシー・ビアンテ各車リア用

ローダウン時のスタビライザーに欠かせない調整式リンク。

左右のサスペンションアームを結合し、そのバネ効果でロールを抑制するのが、ご存知スタビライザー。そのスタビライザーとサスペンションアーム(もしくはダンパー)を結ぶパーツが“スタビライザーリンク”である。量産車のスタビライザーエンド部のリンクの長さは、量産車高を基準に設計されているため、ロアアームの角度が変化する車高ダウン時には、スタビライザー本体とスタビライザーリンクのアーム角が適正値より鋭角となり、本来のスタビライザー効果をスポイルしてしまう傾向にある。アジャスタブル(調整式)スタビライザーリンクはリンク長さを調整することで、アーム角を適正化し、スタビライザー本来の機能を復活させるアイテム。シュアなハンドリングに徹底してこだわりたいユーザーのリクエストに応えるべく、幅広い車種でのラインナップを展開している。ローダウンスプリング装着時の同時装着を推奨する。

路面からの入力がリンクを介してスタビライザーに伝わる作動図(概念図)

【量産車高時】

【ローダウン車高時】

【アジャスタブルスタビリンク装着時】
量産スタビライザーリンクは、量産車の車高に合わせた長さに設計されている。
(スタビライザーとリンクの角度はほぼ直角)
アームに押されてスタビライザーとスタビライザーリンクの角度が鋭角に。 リンク全長を調整することで、スタビライザーとスタビライザーリンクの角度を補正。
アジャスタブルスタビライザーリンク取付方法の違い

<プッシュ式>

<プル式>
リンクの支点が下方向(例えばロアアーム)に取り付けられている車種では、ローダウンするとスタビライザーリンクが下側から押されてしまうので、リンク長を短くすることでアーム角を補正する。
(RX-8/ロードスター(NC)/CX-7/MPV(LY)用など)
リンクの支点が上方向(例えばダンパー本体)に取り付けられている車種では、ローダウンするとスタビライザーリンクが上側から引っ張られてしまうので、リンク長を長くすることでアーム角を補正する。
(デミオ/ベリーサ/アクセラ/アテンザ用など)
<アクセラ・プレマシー・ビアンテ、各車リア用>
従来設定品は、強度のあるボールジョイント側面にシャフトを溶接した「アキシャルマウントタイプ」。対して新設定の「ラジアルマウントタイプ」は、ボールジョイントアウターを一体成型で作り強度を確保。ボールジョイント背面にシャフトを配置。

 

<商品適合表>