CX-3 Parts Impression


普段街乗りをしている分には気にならなかったボディ剛性。
決してノーマルでも乗り心地が悪いわけではないが高速のカーブや峠道などを走っているとどこか締まりのなさを感じていました。
そこで前車にも取り付けていたメンバーブレースセット等の剛性パーツを取り付けました。
結果、剛性力がアップしたことで安定感が増し高速の急なカーブでもボディがしっかりついてきて安心して運転できるようになりました。
また、旋回性能も向上したことでハンドリングも楽になり峠道でもストレス無くキビキビ曲がってくれてます。
ガッチリとした乗り心地になるため好みが分かれるところではありますが、個人的にはこのガッチリ感が安心に繋がり運転がとても楽しめています。
オイルフィラーキャップなどExeレッドがエンジンルーム内を華やかにさせてくれるため、ついついボンネットを開ける回数が増えちゃいますね。

・装着パーツ:メンバーブレースセット、ストラットタワーバー、センターフロアバー、フロアクロスバー、インテークサクションキット、スポーツサイドバイザー、オイルフィラーキャップ

・ 埼玉県 みやびさん(掲載:17年10月/ディーゼル)


元々、剛性ある車だったんですが手軽に装着出来ると言う事でセンターフロアバーを装着、最初は路面の凹凸を拾ってゴツゴツしてましたが、コレって、今まで車の歪で吸収されてたんですよね。
今の所、通勤だけですが今後、高速走行等も楽しみです。

・装着パーツ:センターフロアバー、スポーツインダクションボックス、インテークサクションキット、ホイールナットセット、スポーツサイドバイザー、スポーツワイパーブレード、ボンネットダンパー、オイルフィラーキャップ

・大阪府 米屋さん(掲載:17年10月)


スタイリングと機能向上でオンリーワンの存在感を目指す!

設立以来、マツダ車をターゲットに、高品位なトータルチューニングを展開しているオートエクゼ。そのラインアップは多岐にわたるが、中でもCX-3とCX-5は数多くのファンから高い支持を得ているのはご存知の通りだ。
(中略)
独自のエアロスタイリングはベース車の機能美は損なわずに、ワイド感のある力強さと都会にもマッチする端正さを盛り込んだデザイン。
派手すぎることはないが、ミリ波レーダーの機能を損なわずにマークレスフェイスを実現するフロントバンパー&グリルや、ウイングタイプのリアウイングなどでライバルを確実に凌駕するアピアランスを放っている。

(本文より一部抜粋)

・HYPER REV SPORTS PLUS「マツダCX-3/CX-5」(2017年9月発刊)
・DK-05S for CX-3


ホイール軽量化に伴い、以前からブレーキローターに付着するダストが気になっていたので、思い切って、ローターを交換、予算の関係でオートエクゼサマーフェアにてフロントのみ交換、整備士の方からスリットは放熱でダストのクリーニングには関係無いと言われましたが、ローターハブの赤、キャリパーの赤、ナットの赤でコーディネートとして良さそうなので決定!80キロ走破後、確認するとストーリーブレーキローターにはダストの汚れは無く、ノーマルは汚れ有り、やはり、効果有り!来年のサマーフェアでリアも交換します!

・装着パーツ:ストリートブレーキローター

・ 京都府 フォクスマンさん(掲載:17年7月)



前期型です。走行距離13000キロで、インテークサクションキットとエアフィルターリプレイスメントを装着しました。 レスポンスと出だしが良くなった感じです。明らかに体感出来ます。
ローダウンスプリングとアジャスタブルスタビライザーリンクをディーラーで装着しました。取り付けてから3000キロ走行しました。
リアの突き上げ感はノーマルと変わらない感じです。 固い足回りは好きなので乗り味は満足です。少し固い感じかな。コーナリングは、ロールも少なくなり楽しくなります。冬の雪道も、-20ミリですので問題は無いです。 何よりもスタイルが良くなりました。

・装着パーツ:インテークサクションサクションキット、エアフィルターリプレイスメント、ローダウンスプリング、アジャスタブルスタビライザーリンク

・ 北海道 カイさん(掲載:17年6月)


ピッチングが気になり、同乗者も度々車酔いしてましたので、なんとか改善したく、この度スポーツダンパーを装着しました。装着直後のファーストインプレッションです。
結果から言うと、グッドです。運転が楽しくなります。
全体的にソリッド感が増しました。フラットな乗り心地で、速度が速くなるほどフラット感が増していくようなフィーリングです。以前感じていたピッチングは、感じられません。コーナでもふらつくことなく、安心してコーナに入って行けます。しかも、よく曲がる感じもあります。
上質な乗り心地を求める方に、おすすめです!
参考までに、2016式の年次改良車です。

・装着パーツ:スポーツダンパー

・ 東京都 ヨッシーさん(掲載:17年6月)



ノーマルより拭き取りが断然良いです。特に高速で浮き上がり感は皆無です。ブレードも格好良い。CX-3用が出る前に『サイズ同じ』だからアテンザ用を付けました。ビビり音が出てガラス綺麗にしてもコーティング落としても治らず駄目でしたがCX-3用はバッチリでした。やっぱり専用は違いますね。比べると形状が違いました。ガラスの形にちゃんと合わせて設計されてるの解ります。ガラスコーティングしても大丈夫でした。お勧めです。

・装着パーツ:スポーツワイパーブレード

・ 福島県 tosa1212さん(掲載:17年3月)


今までより軽いペダル操作でi-stopに入るようになりました。ペダルの踏み始めからブレーキが効き始める感じで、ブレーキの遊びが減ったと体感出来ます。取り付け前は半信半疑でしたが、止まる度に体感出来るパーツで取り付けて正解でした。

・装着パーツ:ブレーキペダルブレース

・ 奈良県 JKさん(掲載:16年12月)


見た目で気に入り付けました。効果はバッチリで山道などのカーブで旋回性が上がりました。ボンネット開けるのが楽しくなるくらい見た目は格好よいです。以前にもインプレッションしたリアウイングの画像も載せます。

・装着パーツ:ストラットタワーバー

・福島県 tosa1212さん(掲載:16年9月)


低速からの加速感と、さりげない吸気音が心地良し。

・装着パーツ:ラムエアインテークシステム

・兵庫県 medakaさん(掲載:16年8月)


低中速域の加速感が良くなりました。高速での加速はあまり変わらない気がします。時速40からの再加速時の軽い、モタつきが解消した様に思えます。エンジンがストレス無く空気を吸ってるって感じです。インダクションボックスとの相性もとても良いです。吸気音、バックタービン音共に少し大きくなった様です。交換作業も10分程で終わります。作業はドライバーよりボックスの使用が良いと思います。エアクリーナー側が少しだけ入れるのに硬い以外は簡単な作業でした。

・装着パーツ:インテークサクションキット

・神奈川県 menerikuさん(掲載:16年8月)


サマースポーツフェアにて三種の神器を装着、CX-3のボンネットは相当重く、DEデミオの時もボンネットダンパーを装着していたので、この重量に耐えられるのか?と心配していましたが、太さが、1.5倍ありこれなら大丈夫、安心して下さい、太いです!サンクションキットは赤が綺麗!取り付けたばかりで効果未確認です。タワーバーは装着後、ディーラーを出発した瞬間からボディのシッカリ感、シヤキットした感じを体感しました。

・装着パーツ:ポンネットダンパー、サンクションキット、ストラットタワーバー

・京都府 フォックスマンさん(掲載:16年8月)


昨年、ドライビングスクールで車を操る楽しさに目覚め、ノーマルのままでも凄くハンドリングとかは良かったのですが、ディーラーの方とかにも色々相談して、ボディ補強パーツを取り付けをするこにしました、あと、吸気系も少し取り付けを行いました。補強パーツを取付けるとゴツゴツ感とか気になるのかなと思いましたがそれほど気にならず、旋回時の安定性が抜群に良くなったので取付けて良かったです。吸気系も低速域のレスポンスが良くなったと思います。次はサスペンションを変えてもっと走りを良くしていきたいです。

・装着パーツ:インテークサクションキット、エアフィルターリプレイスメント 、ロアアームバー フロント、フロアクロスバー

・埼玉県 ラウドルップ3世さん(掲載:16年5月)


納車から1年、約9,000kmを走行したところで、タイヤとフェンダーの隙間を少しだけ詰めたとの思いで、比較的評価の高いAutoExeのローダウンスプリングを導入することにしました。「車高-20mmが基本、スタイルと走りをバランス」を謳うこの製品、イメージどおりの車高に納まり、スタイリング的には大変満足しております。反面、多少の突き上げがあるものと思っていましたが、以前の量産仕様の乗り味に似た感じで特に大きな不満は感じていません。むしろ旋回時のハンドリングがクイックになりボディ剛性と相まって、スポーツ性能が増幅したと感じる満足感は大きいと思ってます。

・装着パーツ:ローダウンスプリング

・埼玉県 元AWDさん(掲載:16年5月)


この投稿の前日に装着しました。元々の人馬一体に基づいた、ナチュラルなブレーキのタッチはそのままに、制動を上げているイメージです。CX-3を購入検討の時にデミオを試乗し、軽さから来るハンドリングとブレーキングに惹かれましたが、サイズと質感でCX-3にしました。その時諦めていたデミオのブレーキングを、今実現できました。私自身はスポーティーな運転をしませんが、普通に運転する中でも自然で扱いやすいです!

・装着パーツ:ストリートスポーツブレーキパッド(フロント)

・静岡県 まるくすさん(掲載:16年3月)


赤のカラーリングがエンジンルームのアクセントになり、先に装着済みのボンネットダンパーとの相乗効果で一気に華やかになりました。肝心のインプレですが、低速発進時のアクセルレスポンスに若干の向上が感じられます。少ない投資で吸気抵抗を若干低減できる数少ないオプションパーツであると考えれば、装着して体感してみることに意義があるのではないかと思ってます。

・装着パーツ:インテークサクションキット

・埼玉県 元AWDさん(掲載:16年3月)


エアーエレメントは社外を使用しました。インダクションボックス自体はバラバラで付属の取説に従い組み立てる形式でした。取説がとても解り易かったです。使用感は明らかに加速が良くなり、エンジンレスポンスが良くなりました、ただ吸気音ははっきり言って大きいです。まるでマフラーが前を向いているかの様です。3000回転前後でバックタービン音が静かですがします。車内が静かな状態であれば聞こえます。吸気音が大きいのでかなり人目を引きます。

・装着パーツ:スポーツインダクションボックス、オイルフィラーキャップ

・神奈川県 menerikuさん(掲載:16年3月)


スポイラーを付けた事のより一層車体が引き締まった印象になりました。フロント、リア共に取り付け方法に問題無く洗車機にも対応出来そうです。スタンドの人に確認したところOKでした。デイライトの光量が強く、晴れた日の視認性は高いです。夜はそれ自体がフォグランプの様になってます、純正のフォグランプより明るく感じました。スポーツバイザーは風切音も少なく、窓を少し開けての換気性能に優れてます。ステッカーと、エンブレムを剥がして付け替えました。

・装着パーツ:フロントスポイラー、LEDデイタイムランプ、スポーツサイドバイザー、リアルーフスポイラー

・神奈川県 menekunさん(掲載:15年12月)


リアの印象が有ると無いとはまるっきり別物です。マツダスピードのリアルーフスポイラー付けたけどオートエグゼのリアルーフスポイラーも加工して付けて貰いました。

ディーラーでオートエグゼのCX-3見てから一目惚でずっと考えてたけど思い切って付けました。結果は大満足。レスポンスが良くなったのと一番は変速ショックが滑らかになって気にならなくなった事です。音もそんなに五月蝿くないしブオン、シュウオンていい感じです。変速ショックが気になってる人は一度お試しあれ。決して安くは無いけどお薦めです。

・装着パーツ:リアルーフスポイラー、インテークサクションキット、スポーツインダクションボックス

・福島県 tosa1212さん(掲載:15年12月)


理想的なローダウンになり、高速安定性がかなり良くなりました。

・装着パーツ:ローダウンスプリング、ロアアームバー、アジャスタブルスタビライザーリンク

・兵庫県 medakaさん(掲載:15年9月)




 

MAZDA CX-3は、魂動デザインの真骨頂ともいうべくロングノーズが印象的です。その一方でボンネットダンパーが標準では未装備であり、重たいボンネットを開けるたびに不便性を感じていました。販売店へ相談したところ、CX-3専用設計のオートエグゼ製ダンパーを勧められこのたび装着と相成りました。もちろんボンネットの開閉を高圧ガス封入式ダンパーでスムーズにアシストしてくれる利便性のほか、エンジンルームの整備性を大きく向上させる優れたパーツであると思ってます。無意味にボンネットを開ける回数が増えそうです。

量産マフラーをそのままに、ファッション性のみプラスしたかったのでこの商品を選びました。リアアンダースカート(センター)の装着によりマフラーが引っ込んで見えるようになってしまった事による副作用で仕方なく装着を決意。安値の社外品も多数ありましたが、マツダ社との相性などを考慮して今回セレクト。走りには全く影響を及ぼしませんが、見た目のクオリティはかなり高いと思います。

・装着パーツ:ボンネットダンパー、エグゾーストフィニッシャー

・埼玉県 元AWDさん(掲載:15年7月)


非常に評判の良いcx-3を購入し、おおいに期待していたのですがあまりにも車体にしっかり感がなく、今までドイツ車・イタリア車を乗り継いで来て、やはり国産車は遅れているなと感じました。
しかし、既に購入してしまったので、何か改善する方法はないのかなと思っているときにオートエクゼのサイトからcx-3のチューニングパーツを見つけ、早速の取り付けました。購入したガレージの人からは反対されましたが結果は良くフアフア感が無くなりひとクラス上の自動車に乗っているようなしっかり感が出てきて、家内も運転が楽になったと喜んでいます。これで十分ですがストリートサスペンションキットを取り付けて次は上質な乗り心地を体感してみたいと思っております。

・装着パーツ:フロアクロスバー、ロアアームバー、ストラットタワーバー

・千葉県 池田さん(掲載:15年6月)


pagetop